IKK

IKK

世界維新 2019ENTRY 2018ENTRY

STAFF VOICE 私たちが出会ったチャンス

職場も家庭も、母が引っ張る。鳥栖支店プロデューサー2005年新卒入 職場も家庭も、母が引っ張る。鳥栖支店プロデューサー2005年新卒入
SP背景

退職して家庭に専念するか、育児休暇を取って職場復帰を目指すのか。人生の大きな決断を迫られました。

入社6年目。プロデューサーのリーダーとして、スタッフを育成していました。そんな時、仕事について、人生について考える出来事が起こりました。子供を授かったのです。アイ・ケイ・ケイでは女性に対する制度が充実していて、出産・育児休暇後に同じポジションで職場復帰できます。私には、仕事をつづけるチャンスがあるので、退職して家庭に専念するか、育児休暇を取って職場復帰を目指すのか。人生の大きな決断を迫られました。仕事をつづけたいけど、家庭と両立できるか?スタッフの上に立つ責任を果たせるのか?すごく悩みました。
SP背景
妊娠中は体調不良で急遽お休みをいただくなど、職場のみんなに迷惑をかけることもしばしばありました。それでも嫌な顔ひとつせず仕事をフォローしてくれ、「大丈夫ですか?」と気づかってくれる。このメンバーとなら、きっとやっていける。みんなのおかげで、仕事をつづける決意が固まりました。しばらく経って育児休暇に入り、無事に出産。それから約1年間、子どもに愛情をたっぷり注ぐことができました。1歳の誕生日には、子どもの1年間の写真をまとめたDVDをつくったり、子どもとの時間を思いきり楽しみました。
SP背景

職場でも家庭でも前向きにみんなを引っ張るお母さんとして、
仕事をつづけていきたい。

そして、1年以上ぶりの職場復帰。もともと私は仕事が大好きで、仕事をしている時の方が、家庭でもうまくいくタイプ。私が仕事をして生き生きしている方が、子どものためにもなると感じていました。家庭との両立のため、人より短い勤務時間でしたが、その中で、とことん成果にこだわりました。成果を出さなければ、復帰させてもらった意味がありません。家庭でも何一つ手は抜かずに、「職場も家庭も、自分が引っ張る!」という、これまで以上に前向きな気持ちで、仕事に家庭に向き合いました。
SP背景
復帰してしばらく経った頃、過去最高の成績を出すことができました。「伊東さんよくがんばった!息子のこうせい君も体調崩さずにがんばった!」と、支配人が子どものことまで褒めてくれました。仕事のことだけでなく、家庭のことも考えてくれているその温かさには、涙が出るほど嬉しかったです。その後、私は二人目の子供を妊娠・出産し、再び復帰しました。職場でも家庭でも前向きにみんなを引っ張るお母さんとして、仕事をつづけていきたいと思っています。そして、またキャリアアップして、全支店のプロデューサーを引っ張るお母さんになることが、私の夢です。
鳥栖支店ウェディングプロデューサー リーダー 2005年 新卒入社 伊東元美 SP背景
お客様からの信頼度No1の実力、どんな状況でも必ず成果をつくりだす。伊東リーダーの「スマイル」に惹かれファンになった人は、お客様をはじめ、社内外に多数!社内にも憧れているスタッフは多く、優しさの中に厳しさや力強さもあり、若手社員の母親的な存在である。