IKK

IKK

世界維新 2019ENTRY 2018ENTRY

STAFF VOICE 私たちが出会ったチャンス

すべてを捨てて、崖っぷちからの成り上がり。福岡支店 総支配人 2007年 中途入社 中嶋 大祐 すべてを捨てて、崖っぷちからの成り上がり。福岡支店 総支配人 2007年 中途入社 中嶋 大祐
SP背景

自分の気持ちだけは止めることができず、
すべてを捨ててアルバイトで入社した。

前職でアイ・ケイ・ケイの取引先として仕事をしていた時、アイ・ケイ・ケイスタッフの活き活きと働く姿に感銘を受けた。地元の結婚式場の司会をしていた知り合いにも評判を聞いてみたが、色んなウェディング企業がある中で、アイ・ケイ・ケイの評価は突出して高かった。社風がよく、スタッフの働きや成果を上司がしっかり見て評価している、とのことだった。ウェディング業界での経験はなかったが、いつの間にかアイ・ケイ・ケイで働きたいと思うようになった。
SP背景
取引先として会っていた社員を通じて、転職の余地があるか相談してみたが、残念ながら採用の見込みはないようだった。しかし、ちょうどその頃アイ・ケイ・ケイに「チャレンジ制度」というアルバイトから正社員への登用が認められる制度ができていた。自分の前職は正社員。当然まわりには止められたが、自分の気持ちだけは止めることができず、すべてを捨ててアルバイトで入社した。正社員を目指して、4か月間のチャレンジ期間。一日一日が崖っぷちだった。分からないことは誰構わず聞きまわった。家に帰ってからも毎日一人でロープレをし、休みの日も上司に勉強会をしてもらうなどがむしゃらに努力した。
SP背景

まだまだ発展途上の会社だから、
努力次第で自分が企業の将来をつくることもできる。

結果、正社員になることができた。今振り返っても、アルバイトから正社員への道のりは決して平坦ではなかった。念願かなった嬉しさで、入社後はわき目も振らず仕事をした。プロデューサーと社長秘書を兼任していた時期がある。社長秘書をしているから、あれはできない、これは手伝えない…その気持ちがいつの間にか言動となり、スタッフと衝突することもあった。独りよがりな仕事の仕方をしていたと思う。周りに助けられる中で、チームで仕事をするということを覚えていった。それからは、皆のおかげでモチベーションを高く維持して仕事ができた。3年連続MVPという結果も残すことができた。
SP背景
中途入社の場合、やはり新卒に比べシビアに評価されるのは間違いない。だけど、努力さえ怠らなければちゃんと成果が出る体制が整っているし、ステップアップのチャンスはどんどん訪れる。人事制度はきわめてフェアだと思う。まだまだ発展途上の会社だから、努力次第で自分が企業の将来をつくることもできる。アルバイトから入社した自分もそこに近づいていると思う。自分と同じように興味を持った人は、会社の屋台骨を担うような気持ちで、ぜひ仲間に加わってほしい。
福岡支店 支配人 2007年 中途入社 中嶋大祐 SP背景
キャリア採用で準社員(アルバイト)から入社。持ち前の向上心で、9ヶ月で正社員へ昇格。当社の最短記録である。その後も、トップ営業マンとして当社の記録をいくつも塗り替えてきた。