IKK

IKK

世界維新 2019ENTRY 2018ENTRY

STAFF VOICE 私たちが出会ったチャンス

人事が、会社の未来をつくる。営業企画部 人事課長 2006年 新卒入社 山際翔太朗 人事が、会社の未来をつくる。営業企画部 人事課長 2006年 新卒入社 山際翔太朗
SP背景

学びたい、挑戦したいという人間に、
惜しみなく機会を与えてくれる環境があった。

学生時代は特に苦労することなく、勉強もスポーツも常にトップの成績だった。アイ・ケイ・ケイでも絶対に活躍できると、大きな自信と野心を抱いて入社した。しかし、新人社員研修でその意気込みは一変した。どこかIKKをなめていた私…"知っていること"と、"できること"の大きな違いに気づかされた。人が人に本気で向き合っていく姿とその素晴らしさに触れ、本当の自分を知ることで得られる謙虚さ、その無限の可能性を悟った。今からが本当のスタートだと心を改めた。
SP背景
入社1年目のスタート時、成績は最下位だった。自分の無力さを痛感し、どん底を味わった。しかし、上司からのアドバイスで、自分を奮い立たせることができた。休みを返上して勉強し続け、半年後にはどの同期よりも成果をつくった。入社丸2年、当時24歳で金沢支店の支配人を務めることになった。会社からの期待、「やらせてみよう」という思いを強く感じた。理念は嘘じゃなかった。学びたい、挑戦したいという人間に、惜しみなく機会を与えてくれる環境があった。
SP背景

目指すは世界一の感動創造企業。
そのビジョン実現に向けて「攻めの人事」を掲げている。

大切なことは、できるかできないかではなく、やるか、やらないか、だと思う。行動こそ真実。悩んでも時間がすぎるだけで何も生まれない。行動して行動して、挑戦して、失敗して、失敗から学ぶ。本気になって挑戦し続けていれば必ず、援助者が現れる。私には上司、部下、同期が、いつもそっと手を差し伸べてくれた。そうやって助けてくれた人たちへの恩があるから、私も周囲のスタッフに対してはいつでも協力を惜しまない。
SP背景
支配人を経験して、人財の確保と育成がアイ・ケイ・ケイの未来を決めると確信した。自ら志願して、現在は人事課長を任せてもらっている。新たな人財との出会い、採用後の育成に尽力している。目指すは世界一の感動創造企業。そのビジョン実現に向けて「攻めの人事」を掲げている。人事という枠に捕われず、スタッフがどんどんキャリアアップできる仕組みづくりに挑み、人財の成長を加速させていく。もちろん、自分自身がどこまで成長できるか、その無限の可能性を追求していくのは言うまでもない。
営業企画部 人事課長 2006年 新卒入社 山際翔太朗 SP背景
高校時代は愛媛県の名門校で100名以上の部員をまとめる主将を務めていた。幼少期には海外で暮らした経験もある。入社1年目は同期の中でもなかなか成約をいただけず苦戦していたが、「理念」を信条に努力を重ね、1年後にはトップセールスマンとなり、同社最年少の支配人へ昇格する。