アイケイケイウェディング 列席者コンテンツ

トップ > 結婚式マナー&マメ知識 > ご祝儀の金額目安
  • ご祝儀の金額目安
  • 服装について
  • チャペルのマナー
  • 神前式のマナー
  • 披露宴会場のマナー
  • 二次会の幹事
  • スピーチについて
  • 受付について
  • 招待状が届いたら
  • お客様の声 Q&A

 

ご祝儀の金額目安

 

マナー

一番悩むのが金額です。後々他の参加者の金額を確認すると、「しまった!」と思うことも良くある例です。 本来、ご祝儀には相場はありませんが、新郎新婦との関係によってある程度の目安があるようです。 その他ご祝儀袋の書き方などをご紹介いたします。

 

ご祝儀の額

一番悩むのがご祝儀の額です。きまった相場があるわけではありませんが、年齢や関係での目安の額はあるようです。例えば、友達関係なら、10~20代前半では、2~3万円。20代後半~30代前半では、3~4万円。関係が上司ならさらに1万円ほど上がり、親族なら5~10万円包む人が多いようです。包むお札に関しては折り目等のないきれいな新札を包みましょう。結婚は新しいスタートですから、折れのないお札でというのがマナーです。また、偶数の金額は一般的に縁起が悪いとされています。奇数額にするか、どうしても偶数になりそうな場合は5千円札を入れるなどして調整しましょう。

 

ご祝儀袋の書き方は?

ご祝儀袋表の水引きの上には「寿」「御祝い」「結婚祝い」など、水引きの下にはそれより少し小さめの字で自分の名前を書きます。何人かの連盟で渡すときには、まず一番目上の人の名前を中央に書き、それから左に向かって順番に書きます。4人以上なら代表者の名前に外一同と書きたして、内袋に全員の名前を書きます。

 

 

ワンポイントアドバイス

「4」「9」のつく数字は避けましょう。お祝いごとには使ってはいけない数字があります。「4」「9」のつく金額は、「死」「苦」を連想させるため、絶対に使用してはいけません。また、偶数は「割れる」「別れる」を意味するため縁起が悪いとされてきました。しかし、最近は「2」=「夫婦」「ペア」と考えられるようになり、問題はありません。

 

 

Copyright © 2017 IKK WEDDING All Rights Reserved.